大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.162 大学サッカー屈指の大型ストライカー瀬...一覧へNo.164 風間監督の系譜 新生筑波を指揮する内... »»

 更新

CS-Column no.163
筑波蹴球の中核を担う二人 不老祐介主将&谷口彰悟

カテゴリ:筑波大学サッカー部


 

前期を終えて5勝1分け5敗。完全なるイーブンの成績で後期へと折り返した筑波大学。当初の勢いに陰りがかかった時期もあったが、アミノバイタルカップで準優勝という成績を納めたこともあり、徐々に調子を取り戻しつつある。今季、その筑波を率いる主将の不老と昨年度からチームの中盤の底を担っている大型ボランチ、谷口の両選手に話を聞いた。

 


 

ーまずは前半戦を振り返ってみて、いかがでしょう。

不老最初は3連勝して良い感じでいってたのだけど、風間監督が辞めてそこからチームが良くなくなって、自分達のサッカーを見失っている部分があった。でも大臣杯の予選で決勝まで行けたこともあって、少しづつ自信は取り戻しつつあります。
谷口出だしがよかっただけに、途中なかなか成績が出なかったのはもったいないというか、悔しい思いはあるんですけど、自分達のサッカーが勝てないとか思っているわけではないし、自分達のサッカーには自信を持っているので。それを続けて勝つというのが一番重要なのかな。(風間監督が辞めたのは)大きかったですね。正直、影響がなかったとは言えないです。

 

ーやはり、風間監督から得たものは大きかったと思います。

不老)やっぱり技術の部分です。風間監督のもとで教わったということで、自分が入ったときよりも伸びたのかなと。まあ、まだまだですけど…。それと、技術だけじゃなくて、精神的なところでもサッカーに対して本気で取り組むという、本気で向かい合うということを学べたことが一番大きかったです。
谷口)練習から本気で取り組むということです。そこで養った自分の技術で試合を戦っていくという。その技術の大切さというのは一番学んだところじゃないかなと思います。

 

ー前期の中で一番印象に残っている試合はどことの試合でしょうか

谷口)僕は、中央戦ですかね。あのときは1人1人がしっかりとボールを持って相手を崩して点を取ることができて。やっててとても楽しかったですし、ああいうサッカーをどんどん出来ればいいな、と思えた試合ですね。
不老)早稲田戦です。風間さんがやめた後でした。内容はそんなにいいものではなかったんですけど、気持ちの部分では相手を上回れて、そういう部分が勝敗を決した試合だった。そういった部分を学べた試合だったと思います。

 

 

[谷口]相手にとって嫌だと思われる選手になりたい。

 

ーリーグ内で仲が良い選手や、色んな面で印象に残っている選手などは?

不老)早稲田の畑尾くんとは仲が良いです。2年の選抜のときに一緒だったので、それで仲良くしてました。たまに連絡もとってます。広島Yで同世代で今も同じ舞台でやっている人は少なくて。下だと茶島(東学大)、(中山)雄登(流経大)とかですね。2人とも高校の時からああいったプレースタイルでやってて。その良さを変えずに大学でもやれている感じで、すごく頑張ってると思います。
谷口)専修の選手たちとは仲良いです。試合で対戦してても嫌な選手ですし、(仲川)テルと、(長澤)和輝と(下田)北斗。あと栗山(直樹)くんもですね。彼らは本当にやっていて嫌ですね。あとはチャジ(茶島)はやってて嫌だと感じる選手。敵が嫌だと思うことをわかっていて、それをやってくる。自分もそんな風に思われる選手になりたいなと思っています。

 

 

ーライバル視している選手などはいるのでしょうか?

谷口)難しいですね・・・。
不老)どうだろう。…相手に関して言うと、筑波全体で言うと選手達は周りどうこうと言うよりは、自分達のことに重点を置いているので、相手よりもチーム内のことを意識しています。そういうこともあって、ちょっと難しいですね。

 

ーでは、チーム内で推したい選手は。

谷口)後輩になるんですけど、車屋はこの、強烈な先輩たちの中で黙々と頑張っているなとは感じますね(笑)
不老)1,2年ではないですけど、3年の玉城(峻吾 3年・三菱養和Y)ですね。小さいんですけど、2年の途中から試合に出るようになって、技術が高いので、筑波にあったプレースタイルというか、アイツがボールに沢山触っていいパスを出せるとチームの攻撃もよくなります。

 

ルーツを探る

 

ー不老選手は広島Yというこですが、、出身も広島なのでしょうか。

不老)僕は長崎です。高校から広島ですね。中3のときに代表合宿に呼ばれたんですけど、そのときに広島から声がかかったのでそれに従ったという感じです。
谷口)僕は生まれも育ちも熊本です。2人とも九州ですね。

 

ー2人がサッカーを始めたきっかけを教えて頂きたいです。

不老)通っていた幼稚園が女子高と隣接してて、芝生のグラウンドだったんですよ。でも女子高なのでグラウンドでの部活がなくて。それでみんなでサッカーやってて楽しかったので、小学校入ってから本格的に始めました。
谷口)僕も幼稚園のときですね。幼稚園が体育幼稚園で。運動ばかりやってたんですよ。それで幼稚園のサッカーチームに入ってて、大会とかにも出て優勝とかしてたので、それがきっかけですね。サッカーの楽しさをそこで知りました。

 

ーそこからサッカーを続けていった訳ですが、数ある大学の中で筑波に来た経緯は

不老)僕はけっこう単純な理由で。私立よりも国立の方がお金がかからないと。それで国立で探して筑波か学芸という感じだったんです。それで筑波は1部だったので。それと広島時代のスタッフの方々が筑波OBの人が多くて、それもあって筑波に行こうと決めました。
谷口)僕も、大津の監督だった先生が筑波のOBで。筑波大学は国立で、しかも関東一部でやっていると。そういうところに加えて、風間さんが監督をやっているということもあって魅力を感じて筑波に決めました。高校卒業時にプロの誘いはあったんですけど、自分の中で筑波に行きたいという思いが固まっていたので、筑波に来ました。

 

ーでは、ゆくゆくはどうなりたいと考えてますか?

不老)僕はとりあえずサッカーを続けたいとは思ってます。でもそれこそ自分で決めるものではないので。オファーが来ないとどうしようもないですね。これから大臣杯とか天皇杯だったり、後期リーグで結果を出してオファーが来るように頑張りたいです。
谷口)僕は、プロになるとしてもまだ1年あるので、残りの時間の中で技術と、体の面もしっかり鍛えて万全な状態でプロに行けたらと思っています。

 

1人暮らしをすることが自分の成長につながる

 

ー2人は地方出身ということで、大学生活で初めて関東に来たと。少し関東と言っても外れていますが(笑)。一人暮らしとかはどうでしょう。

不老)ちょうどいいところですよ(笑)僕の広島時代に過ごした吉田ってところはめっちゃ田舎だったので。それに比べると住みやすい環境です。
谷口)大学入って初めての一人暮らしで、自分の身の回りのことを一つ一つやっていかなければいけないので大変ですけど、それも含めて自分の成長に繋がるかなと思ってます。

 

 

ーオフは何を?

不老)多分、他大学に比べて筑波はオフが少ないと思うんですよね。
谷口)決まったオフがないんですよね。いきなり予定が変わるので、前もって予定を入れて何かするとかはあまりないです。
不老)月曜がオフでも火曜日が朝練だったりするので、授業とかもあってなかなか。まああるとしたら、飲みに行ったりするとかですかね。
谷口)そうですね、僕も結構飲みに行ったりします。お酒大好きなんで(笑)けっこう、僕らの代では飲む奴らもいるので、行こうぜ!って感じですね。他に遊ぶ所も少ないので(笑)
不老)東京とか行く奴も少ないですね。移動が面倒くさいというか。正直つくば内ではやることはないです(笑)飲みに行くか、彼女いる人は彼女と遊ぶか、という感じです。
谷口)僕は彼女がいないので、今は募集中です(笑)

 

 

ー学業の方はいかがでしょう?

不老)僕は教育実習も終えたので、教員免許に必要な単位は習得したのであとは卒論ですね。
谷口)僕はまだ教職をとってて、その授業が忙しいという感じですね。もうちょっとは授業の予定が入るという感じです。教職は、しっかりしている奴はとってます(笑)
不老)半数くらいですかね。教職を取っているのは。

 

 

大学サッカーを通じた成長、そして後期へ向けて

 

ーまだ期間は残していますが、それぞれが大学サッカーを経験して、得たものはどういうものだと感じていますか?

谷口)僕の場合は高校サッカーをずっとやってきて。リーグ戦というのを経験するのがあんまりなかったんです。なのでリーグ戦で定期的に試合をやっていくというのは自分の中で最初はコンディションを整えたりするのが大変だったんですけど、1年2年経っていくに連れて、リーグ戦の戦い方を学んだというのはあります。
不老)僕はずっとFWしかやってなかったんですけど、大学入って色々なポジションをやらされるようになって。幅が広がったというか、視野が色々な方向に広がったということで成長出来たとは感じています。

 

ー去年は前期にいい形で折り返した一方で、後期は苦しみました。今年の後期にかける思いをよろしくお願い致します。

不老)とりあえず大臣杯が今週から始まるので、それに力を入れたい。多分20年くらいは優勝していないんですよね。そういう全国の大会で勝てていない。そういうところで勝つことで「筑波は強い」と色んな人に感じてもらえると思うので、しっかり結果を残せるように、日本一を目指してやって行きたいです。

谷口)大臣杯は他の地域の大学とやれるので、本気の勝負が出来ると思うし、勝つ自信もあるので頑張って行きたいです。後期は、なかなか前期を良い感じで折り返せなかったので、出来るだけ上を目指して1試合1試合頑張って行きたいと思います。

 

 

 


筑波大学は監督の突然の退任、そしてそこからの不調もあり中位で前期を終えた。前半戦の中盤に徐々にチームの形を立て直し、総理大臣杯予選では決勝まで上り詰めるものPK戦で涙を飲んだ。後者では好成績を残せたとは言え、昨年度と比べるとものたりない。この流れを断ち切るために、是が非でも今週末に始まる総理大臣杯では頂点に立ちたいという思いがこの2人から感じられた。そして、「筑波は強い」不老のこの最後の言葉には力が込められていた。「覚悟」をスローガンに掲げる今シーズン。このままの状態で終わる訳にはいかない。



不老祐介(ふろう ゆうすけ) 1990年8月30日生まれ 広島Y出身
名門の広島Yで育ったドリブラー。高校まではFWだったものの、大学に入ってからSBなど様々なポジションを経験。筑波の主将として今季はタイトル奪取を目標にする

谷口彰悟(たにぐち しょうご)1991年7月15日生まれ 大津高校出身
その端正なルックスからは想像できないほどの泥臭さと強さを備えた大型ボランチ。展開力も備わっており、全てを含めて欠点が見当たらないフィールドの貴公子である。


 

【writer】

Reona Takenaka

【プロフィール】

平成元年生まれのロンドン世代。2011年よりCSParkのサッカーライターとして本格的に活動を始め、今年度は引き続き関東大学リーグの取材をしつつ、『EL GOLAZO』にて湘南ベルマーレの担当記者を務める。twitterでは記事とのギャップが垣間見える。

>>> Twitter: @reona32
>>> Blog: http://d.hatena.ne.jp/reona32/



カテゴリ:筑波大学 サッカー部

コメント

名前:

内容:

«« No.162 大学サッカー屈指の大型ストライカー瀬...一覧へNo.164 風間監督の系譜 新生筑波を指揮する内... »»

合わせて読みたい「筑波大学」「サッカー部」関連のその他のコラム

最新のコラム一覧

コラム一覧をもっと見る

関連ブログ一覧へ

イチオシのブログ

関連ニュース一覧へ

「筑波大学」または「サッカー部」に関するニュース

関連ムービー一覧へ

イチオシのムービー

関連フォト一覧へ

「筑波大学」または「サッカー部」に関するフォト