大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.312 [Comment]関東リーグ1部 第17節 中央大...一覧へNo.314 トップリーグ世代の指揮官たち 伊藤護(... »»

 更新

CS-Column no.313
[Match Report]関東リーグ1部 第17節 中央大学vs神奈川大学

カテゴリ:中央大学 神奈川大学サッカー部


写真提供:オギスポ!

中央大学vs神奈川大学 10/20 13:50 KickOff @ 味の素スタジアム西競技場

1st 0-0

2nd 1-1

Total 1-1

同点となるPKを沈めた神大MF中武駿介(4年・仙台FC)。右は中大・六平光成(4年・前橋育英)


引き分けという結果に終わったが、両者の持った印象は異なるものであった。中大は前半からポゼッションで上回り、前線の選手が神大最終ラインとボランチの間でボールを受ける強い意識を持ち続けたことで相手を押し込む。「前回に比べてグループでやろうという意識が今日は強かった」と白須監督も述べた。しかしFWの奥山慎(4年・帝京)、澤田崇(3年・大津)を中心にゴール前まで攻めこむものの、最後の精度に欠けてゴールを奪うことができない。やや劣勢に立たされた神奈川大は高峯監督の度重なるハイプレスの指示のもと、前線から果敢に仕掛けるサッカーを展開。この日、4ヶ月の離脱を経てピッチに復活した越水将一(4年・秦野総合)と伊東純也(2年・逗葉)のツートップが積極的に前へしかける一方で、奪ってからの鋭いカウンターも幾度か中大ゴールを脅かす。互いに決定機は作りながらも、この日は両GKが当たっていた。奇しくもこの日の両チームの守護神は山梨学院大学付属高校の先輩後輩同士。中大・岡西宏祐(4年)と神大・松田ラン(3年)の維持のぶつかり合いというべきか、最後の局面で互いに譲らず、失点は許さない。それはこの日に生まれた2得点にも象徴される。先制点を挙げたのは中大。60分、途中出場の砂川優太郎(2年・広島Y)がゴール前左で倒されFKを得ると、同じく途中出場の安柄俊が「決める自信があった」との言葉通り、鋭く落ちて曲がるボールを右隅に突き刺した。GKの松田は一歩も動けず。待望の先制点が生まれ勢いに乗りたい中大であったが、そのわずか6分後、中大には不運、神大にとってはラッキーというべきか。微妙な判定でPKを神大が獲得し、これを中武が冷静に左隅へ沈めた。中大GK岡西にコースは読まれていたものの、絶妙なコースがその読みを上回った。その後も中大がバイタルエリアに人数をかけた攻撃を展開するも、最後の最後でゴールが割れず、1-1のまま試合終了。中大にとってはリーグ優勝が遠のき、神大は次節の順天堂大との残留争いの大一番を前に大きな弾みとなる、互いに意味の異なる勝ち点1であった。

 

 

Man Of the Match

中央大学 FW 9 安柄俊(4年・東京朝鮮)

 

 

【writer】

Reona Takenaka

【プロフィール】

平成元年生まれのロンドン世代。2011年よりCSParkのサッカーライターとして本格的に活動を始め、今年度は引き続き関東大学リーグの取材をしつつ、『EL GOLAZO』にて湘南ベルマーレの担当記者を務める。twitterでは記事とのギャップが垣間見える。

>>> Twitter: @reona32
>>> Blog: http://d.hatena.ne.jp/reona32/



カテゴリ:中央大学 神奈川大学 サッカー部

コメント

名前:

内容:

«« No.312 [Comment]関東リーグ1部 第17節 中央大...一覧へNo.314 トップリーグ世代の指揮官たち 伊藤護(... »»

合わせて読みたい「中央大学 神奈川大学」「サッカー部」関連のその他のコラム

最新のコラム一覧

コラム一覧をもっと見る

関連ブログ一覧へ

イチオシのブログ

関連ニュース一覧へ

「中央大学 神奈川大学」または「サッカー部」に関するニュース

関連ムービー一覧へ

イチオシのムービー

関連フォト一覧へ

「中央大学 神奈川大学」または「サッカー部」に関するフォト