大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.392 [MatchRepot]全日本大学サッカー選手権...一覧へNo.395 女子インカレ特集! 関東代表校コメント... »»

 更新

CS-Column no.394
【インカレ決勝3万人動員への道】学連公式コラム-2 誰よりも大学サッカーを愛する男。 [学生幹事 大西拓樹]

カテゴリ:サッカー部


 


全日本大学サッカー連盟に所属するチームは約400、学生は全部で約14,000名にも及ぶ。

 

普段は、全国を北海道・東北・関東・北信越・東海・中国・関西・四国・九州の9地域に分けて各地域連盟に分かれて活動をしている大学サッカー連盟だが、その各地域へ適切な情報を通達し、そして必要な情報を集約して共有する、各地域のパイプ役、そして取りまとめ役を行うのが全日本大学サッカー連盟の役割である。

 

近年、大学サッカーは日本のサッカー界において大きな地位を占めている。なんと、現役のJリーガーのおおよそ40パーセントが大学サッカー出身というから驚きである。2011年度、2012年度にJリーグに新しく入団をした選手でいうと、その過半数が大学サッカー卒業であり、今大学サッカーがプロを目指す若い選手たちにとって、確かな通過点となっていることは言うまでもない。

 

このように、大学卒業の選手たちが目覚ましい活躍を見せていることで、大学サッカーの価値は確かに高まっている。そしてそれによって大学サッカー連盟に向けられる視線も年々厳しく鋭いものになってきた。

 

その緊張感、責務の大きさを日々感じているのが、大西拓樹(法政大学4年)。

 

彼は、全日本大学サッカー連盟の学生幹事長である。

 

 

今回のインカレを終えるタイミングで幹事長の職を後輩に受け渡す彼にこんな質問をしてみた。

 

「全日本大学サッカー連盟の幹事長としての自分に点数を付けるとしたら・・・?」

 

自信満々に、「100点です!」と答えてほしいところだが、彼は下を向いてへへへと笑い、「50点ですかね。」と答えた。実に彼らしい。

 

 

中学生まではサッカーをしていたが、高校ではボールを蹴っていない。そんな彼がなぜこの大きな組織の幹事長を務めているのか。あまり熱血タイプでもなく、スポ根という言葉も似合わない。なんだか頼りないような印象をも受けるやわらかい笑顔をみていると、なんとなく興味をひかれる。

 

「大学の同じ学部にたまたまサッカー部のマネージャーの女の子がいて。それで声をかけられたのがきっかけです。」学生幹事になったのはそんなひょんなことがきっかけだった。まさか4年後にこんな大きな組織の幹事長になっているなんて、この時の彼からすれば想像もできなかったに違いない。

 

そして飛び込んできたサッカー連盟で、彼は運命の出会いをする。・・・といっても、素敵な女性に出会ったなんていうロマンチックな話ではない。当時学生幹事長を務めていたG君との出会いだ。その学生とは思えない絶対的なリーダーシップと貫禄ある立ち振る舞いに惚れこんだ。

 

「僕もこんな風になれたらいいな。」幹事長への第一歩はここから始まった。

実は筆者も学生幹事出身であり、彼がほれ込んだG君と同期。卒業をして数年たってからこの連盟に事務局員として戻ってきたとき、平成生まればかりの組織に驚くことは多かったが、幹事長=G君という印象だった私が一番驚かされたのは大西幹事長が誕生していたことであった。あの、長めの髪を茶色いく染めてパーマをかけた、どこか頼りない後輩がまさか幹事長になっていたとは!大学生活の4年間がどれほどその人の人間性を変化させ、進化させるかということをしみじみと感じた。

 

そんな彼も幹事長になるという目標を果たした後、悩みも尽きなかったようだ。「大学の仲間が飲み会やら旅行やらで楽しそうに過ごしているところを見ると、やっぱりきついなと思うこともありました。」と本音がぽろり。幹事長という立場上、全ての学生幹事がそろう毎週水曜日の幹事会以外にも、週の半分は事務所に足を運んで作業に追われる。たしかに旅行に行っている時間はなさそうだった。

 

だが、幹事長になって数月経ったある日、そんな彼のその後の心の支えになるささいな出来事があった。関東大学サッカーリーグ戦【前期】の会場で試合の運営を行っていたとき、試合を見に来ていたお客様から「学生幹事の皆さんに。」と差し入れをいただいたのだ。「別にいいんですよ、僕たちの活動は日に当たらなくても。」とは言うものの、縁の下で活動をしている自分たちに労いの言葉をかけてくれる人がいることに、この時ばかりは涙が出そうになるくらいに嬉しかった。

 

 

 

「幹事長になって、気付いちゃったんですよ。Gさんみたいなタイプじゃないな僕はって。」

「一番上の立場で人を引っ張っていくの、得意じゃないです。」

自分自身に50点を付けた理由は、憧れていたG君の姿を思うが故の不甲斐なさかもしれない。 

 

けれど、彼はこう続ける。「頼りないな、そう思われていることも分かってます。本当に本当に仲間に助けられてこそ、ここまでこれたんだと思います。自分自身の弱点、周りの人への感謝の気持ち、色々なことに気が付くことができたこの1年に、50点の幹事長だったかもしれないけど僕はとても満足しています。」謙虚という言葉がぴったりな少し弱気な幹事長。ただ、彼の周りには彼を支える学生たちがいる。一人が秀でるのではなく、みんなが力を合わせて成り立っている。それが今年彼が作り出した大学サッカー連盟の素敵なカラーだった。

 

 

そんな謙虚な彼に大学サッカーの魅力を聞いてみた。

 

「レベルが高い!その一言につきます。大学サッカーを卒業した選手がJリーグに入団してすぐに大活躍をするんですよ?大学サッカー、絶対Jリーグに負けませんから。」

 

今まで見せていた表情と違い、なんだか前のめりに話し出した。

 

「大学サッカー卒業の選手が活躍している様子を見るだけで、なんだか僕も興奮するんです。ロンドン五輪の予選では、大学サッカーに在籍しながら日の丸をつける山村選手や比嘉選手の姿を見て、僕が支えてるんだぞ!!なんて思ったりね。」

 

自分自身を評価するのは少し苦手だけれど、大学サッカーについてはその表情が一変する。

全日本大学サッカー連盟の幹事長であるのと同時に、誰よりも大学サッカーを愛す一ファンである彼の姿は、とても輝いていた。

 

 

幹事長として残された最後の大仕事。

「平成24年度第61回全日本大学サッカー選手権大会」。

 

 この大学サッカーの頂点を決める大会の決勝の舞台で、彼は3万人を動員することにチャレンジすることを決めた。

 

「とにかく大学サッカーのレベルの高さを一人でも多くの人に知ってほしいんです。輝く選手たちの姿を見てほしい!」

 

幹事長という大役を果たす最後の機会においても、彼は自分自身のことは主張しない。舞台でいうところの黒子役。主役を邪魔しないために黒い衣装に身をまとう彼の姿は、誰よりも鮮やかで光り輝いている。

 

 

 


★大学サッカー連盟からプレゼント

-学連公式コラムをご覧頂きました皆様、およびインカレに足をお運び頂きました皆様に感謝の気持ちを込めて-

 

【プレゼント内容】

インカレ大会プログラム& "I PLAY FOR" BOOKセットを5名の方にプレゼント!

 

 

本大会で大好評いただきました、大学サッカー関係者全2,000人にも及ぶ"I PLAY FOR"が詰まった”I PLAY FOR”BOOKをプレゼントいたします。

制作者:学生幹事 大高由衣(青山学院大学3年)
「大学サッカーにあふれる熱い想いを少しでもわかりやすく形にして一人でも多くの人に伝えたかったんです。制作ついてはその何もかもが大変でした。位置からモノづくりをする、さらには写真一枚一枚の想いの重さを考えると、プレッシャーは大きかったです。とにかく一人でも多くの方に手に取ってもらえたら嬉しいです。」

  

  

【プレゼント概要】

・応募期間:2013年1月9日(水)〜2013年1月16日(水)24時まで

・賞品:インカレ大会プログラム& "I PLAY FOR" BOOKセット 5名

・抽選/発表:応募期間後に、厳正な抽選の結果、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。

 

 【応募方法】

これまでの学連コラムの感想とともに、今後大学サッカー連盟にこんな取り組みをしてほしい!という希望もあれば、そちらも添えて、下記項目をご記入の上、 件名を「学連オフィシャルプレゼント応募」、本文に以下の項目事項をご記入のうえ、info@cs-park.jpに送信。

①これまでの学連コラムの感想

②連盟に取り組んでもらいたい事

③名前

④住所

⑤電話番号 

⑥CSParkでよく見るジャンル(ニュース/コラム/ムービー/ブログ/その他)

⑦CSParkへのご意見・ご感想

 

【注意】

・本キャンペーンへのご参加は、日本在住の方に限らせていただきます。
・賞品の発送先は日本国内に限らせていただきます。
・ご応募に伴いご入力いただいた個人情報(郵便番号、住所、氏名、電話番号)は、賞品の発送、応募者・当選者への諸連絡に利用させていただきます。

 

 

---------------------------------------------------------

全日本大学サッカー連盟公式コラム【インカレ決勝3万人動員への道】

学連公式コラム-1 1221UP 『I PLAY FOR 大学サッカーの発展」「I PLAY FOR 未来のサッカー選手」・・・

学連公式コラム-2 1224日UP 『誰よりも大学サッカーを愛する男。 [学生幹事大西拓樹

学連公式コラム-3 1228日UP 『未来の大学サッカープレーヤーの為に。 [学生幹事矢島さつき

学連公式コラム-4 1月2UP 『大学サッカーの魅力をたくさんの人に。 [大学サッカー後援会 学生担当 前田真帆]』 

学連公式コラム-5 15UP 『大会テーマ『I PLAY FOR』にこめられた想い

学連公式コラム-6 1月9UP 『確かな希望 

---------------------------------------------------------


【writer】

全日本・関東大学サッカー連盟事務局

【プロフィール】

全日本・関東大学サッカー連盟事務局です。

『インカレ決勝3万人集客』を目標にしています!

インカレ決勝は、1月6日(日)国立競技場にて行われますので、是非皆様会場に起こし下さい!!

HP:http://www.in-colle.com/



カテゴリ: サッカー部

コメント

名前:

内容:

«« No.392 [MatchRepot]全日本大学サッカー選手権...一覧へNo.395 女子インカレ特集! 関東代表校コメント... »»

合わせて読みたい「」「サッカー部」関連のその他のコラム

最新のコラム一覧

コラム一覧をもっと見る

ブログ一覧へ

イチオシのブログ

ニュース一覧へ

新着ニュース

ムービー一覧へ

イチオシのムービー

フォト一覧へ

新着フォト

新着コンテンツ

新着コメント

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Перезвоните мне пожалуйста по номеру. 8 (812) 642-29-99 Виктор.
コメントby : Виктор
ブログ

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Перезвоните мне пожалуйста по номеру. 8 (950) 000-06-64 Виктор.
コメントby : Виктор
ブログ

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Перезвоните мне пожалуйста по номеру. 8 (999) 529-09-18 Виктор.
コメントby : Виктор
ブログ