大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.405 [MatchReport]全日本大学サッカー選手権...一覧へNo.407 早稲田大学ア式蹴球部 Jリーグ内定者会... »»

 更新

CS-Column no.406
【インカレ決勝3万人動員への道】学連公式コラム-6 確かな希望

カテゴリ:サッカー部


 

 

14,745名。

 

スクリーンに映し出された数字に、多くの学生幹事が肩を落とした。

 

 


初秋から始まった今回の3万人動員プロジェクト。

国立での決勝の舞台を3万人のお客さんでいっぱいにしたいという彼らの願いは叶わなかった。

 


「正直悔しかった。」

学生幹事長大西を一番近くで支え続けた副幹事長の鈴木大介。(桐蔭横浜大学4年)

「3万人動員プロジェクトチームがあんなにも頑張っていたのにだめでした。3万人という目標の大きさを結果を持って改めて理解しました。」

 


昨年度の総入場者数はわずかだが更新することができた。

だが、昨年度が平日開催だったのに対して、今年度は日曜日の開催。

決して成功とはいえないこの結果に、Jリーグと高校サッカーの間で長いこと日の当たらなかった大学サッカーが、決勝の国立の地で大輪の花を咲かせるにはもう少し時間がかかるかも知れないと痛感した。 

撮影:IijimaReiko


大会は、意外にも5年ぶりの出場となる関東代表の早稲田大学の優勝で幕を閉じた。

そしてここで、この舞台で、全日本大学サッカー連盟学生幹事の4年生は卒業を迎える。


長い学生幹事生活では、楽しいことや嬉しいことよりも、辛いことや逃げ出したいことのほうが多かったかもしれない。

授業が終わり、事務所に通う日々。

週末には、早朝から試合会場で大会運営を行う日々。

だけれど、彼らはそれを成し遂げた。


大学サッカーに最後の青春をかけた学生たち。

目標を達成できなかったが、最後照明が落ち始めた国立競技場で満面の笑みを見せた彼らからは、来年度へと継承されていく確かな希望を見ることができた。

撮影:IijimaReiko

 

ここ国立競技場での一日は、

「卒業」ではなく、「新しいスタート」。
そして、3万人プロジェクトの「ゴール」ではなく「中間地点」である。

 

 


「大学サッカーは、プロとは違って毎年卒業があって、そして毎年新しい出会いがある。四分の一がそうやってどんどんと入れ替わっていくんです。」

今年度3年生にして、鈴木とともに学生副幹事長を努めた寺本周平。(拓殖大学3年)

「どんどん入れ替わっていくからこそ、どんどん新しいことにチャレンジできる。だけれど、同時に先輩たちが積み重ねてきた伝統はとぎらせることなく、守っていかなければいけません。」

来年度、正確に言えば本大会を終えたその時から、彼は大西に続く全日本大学サッカー連盟学生幹事長となる。

 

 

今回の結果を受けて、彼が幹事長として統括をする来年度のインカレ決勝の舞台について、少し気が早いが聞いてみた。

「この国立に、来年は何人のお客さんがご来場くださると思いますか?」

迷いはなかった。

「3万人です!」

この確かな希望を後輩たちが抱くことができたこと、それは4年生が残した大きな財産だろう。

 

 

インカレが終了し、大学サッカーは束の間のオフシーズンにはいる。

そして早々2月には、全日本大学選抜と各地域選抜によるデンソーチャレンジカップサッカー、3月には全日本大学選抜と全韓国大学選抜とによるデンソーカップサッカー日韓定期戦が行われる。

 

 

大学サッカーというドラマあふれるカテゴリーが、もっと多くの人の心に届き、そしてインカレ決勝で3万人の大観衆が選手たちを包む。

そんな日がくるのは、決して遠くない。
確信に近いこの予感は、決して著者だけが抱いているわけではないだろう。 

左:鈴木副幹事長(4年)、中央:大西幹事長(4年)、右:寺本副幹事長(3年/次期幹事長)  撮影:IijimaReiko

END. 

 

 

 

 

★大学サッカー連盟からプレゼント

-学連公式コラムをご覧頂きました皆様、およびインカレに足をお運び頂きました皆様に感謝の気持ちを込めて-

 

【プレゼント内容】

インカレ大会プログラム& "I PLAY FOR" BOOKセットを5名の方にプレゼント!

 

 

本大会で大好評いただきました、大学サッカー関係者全2,000人にも及ぶ"I PLAY FOR"が詰まった”I PLAY FOR”BOOKをプレゼントいたします。

制作者:学生幹事 大高由衣(青山学院大学3年)
「大学サッカーにあふれる熱い想いを少しでもわかりやすく形にして一人でも多くの人に伝えたかったんです。制作ついてはその何もかもが大変でした。位置からモノづくりをする、さらには写真一枚一枚の想いの重さを考えると、プレッシャーは大きかったです。とにかく一人でも多くの方に手に取ってもらえたら嬉しいです。」

  

  

【プレゼント概要】

・応募期間:2013年1月9日(水)〜2013年1月16日(水)24時まで

・賞品:インカレ大会プログラム& "I PLAY FOR" BOOKセット 5名

・抽選/発表:応募期間後に、厳正な抽選の結果、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。

 

 【応募方法】

これまでの学連コラムの感想とともに、今後大学サッカー連盟にこんな取り組みをしてほしい!という希望もあれば、そちらも添えて、下記項目をご記入の上、 件名を「学連オフィシャルプレゼント応募」、本文に以下の項目事項をご記入のうえ、info@cs-park.jpに送信。

①これまでの学連コラムの感想

②連盟に取り組んでもらいたい事

③名前

④住所

⑤電話番号 

⑥CSParkでよく見るジャンル(ニュース/コラム/ムービー/ブログ/その他)

⑦CSParkへのご意見・ご感想


【注意】

・本キャンペーンへのご参加は、日本在住の方に限らせていただきます。
・賞品の発送先は日本国内に限らせていただきます。
・ご応募に伴いご入力いただいた個人情報(郵便番号、住所、氏名、電話番号)は、賞品の発送、応募者・当選者への諸連絡に利用させていただきます。



---------------------------------------------------------

全日本大学サッカー連盟公式コラム【インカレ決勝3万人動員への道】

学連公式コラム-1 1221UP 『I PLAY FOR 大学サッカーの発展」「I PLAY FOR 未来のサッカー選手」・・・

学連公式コラム-2 1224日UP 『誰よりも大学サッカーを愛する男。 [学生幹事大西拓樹

学連公式コラム-3 1228日UP 『未来の大学サッカープレーヤーの為に。 [学生幹事矢島さつき

学連公式コラム-4 1月2UP 『大学サッカーの魅力をたくさんの人に。 [大学サッカー後援会 学生担当 前田真帆]』 

学連公式コラム-5 15UP 『大会テーマ『I PLAY FOR』にこめられた想い

学連公式コラム-6 1月9UP 『確かな希望 

---------------------------------------------------------


【writer】

全日本・関東大学サッカー連盟事務局

【プロフィール】

全日本・関東大学サッカー連盟事務局です。

『インカレ決勝3万人集客』を目標にしています!

インカレ決勝は、1月6日(日)国立競技場にて行われますので、是非皆様会場に起こし下さい!!

HP:http://www.in-colle.com/



カテゴリ: サッカー部

コメント

名前:

内容:

«« No.405 [MatchReport]全日本大学サッカー選手権...一覧へNo.407 早稲田大学ア式蹴球部 Jリーグ内定者会... »»

合わせて読みたい「」「サッカー部」関連のその他のコラム

最新のコラム一覧

コラム一覧をもっと見る

ブログ一覧へ

イチオシのブログ

ニュース一覧へ

新着ニュース

ムービー一覧へ

イチオシのムービー

フォト一覧へ

新着フォト

新着コンテンツ

新着コメント

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Перезвоните мне пожалуйста по номеру. 8 (812) 642-29-99 Виктор.
コメントby : Виктор
ブログ

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Перезвоните мне пожалуйста по номеру. 8 (950) 000-06-64 Виктор.
コメントby : Виктор
ブログ

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Перезвоните мне пожалуйста по номеру. 8 (999) 529-09-18 Виктор.
コメントby : Виктор
ブログ