大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.442 「みんなが同じ道に進めるように」桜美...一覧へNo.444 「粘り・コンビ・自立」早稲田大学女子... »»

 更新

CS-Column no.443
「RIVIVAL」中央学院大学男子バレーボール部 村本伸幸監督

カテゴリ:中央学院大学バレーボール部


 Vリーガーで全日本代表の手塚大選手などを輩出した千葉県我孫子市にある中央学院大学。同部は昨年2部リーグで春季リーグが7位、秋季リーグが9位という成績をおさめたが、その昨シーズンの振り返りを村本監督に徹底分析してもらい、今年にかける意気込みを聞いた。

 

「RIVIVAL」

 

――昨年はどのようなシーズンでしたか?

 昨年3月にチームを作るにあたってどんなチームを作るか議論がありました。「高速バレーをやろう」と。選手が「ブラジルみたいなバレーやりたいんですけど」と言ったんですよ。スゲーなと思って。(笑)どうしてと聞くと、チームの中に大きな子は数名いるが、経験が未熟なものでしたから時間がかかると。春リーグまでは3か月あるのでやはりスピードバレーで行くしかないだろうと。トレーナーも呼んでスピードをつける動きのトレーニングはどうしたらいいかという、議論があったなかで過去のブラジルバレーをビデオでみたりして、今年はこれでいくよ!ということで、高速バレーをやりました。

 それでチームを固めていったなかで、高身長の選手は入らず動きのある選手を入れると身長をおとすしかない。そうしたなかでリーグ戦を戦ってそこそこ結果は残せた。ただ春リーグで優勝するチームは高さも備えているし、スピードだけじゃないんですよ。そこが春の最終的な結論ですかね。

 そのあと、東日本インカレの一回戦で東北学院大学とやりましたら、ブロックの上から打たれる状況が発生してストレートで負けてしまった。そこで選手に迷いが生じて、このチームのレベルだと限界があるんじゃないかと感じるようになった。チームの中でマンネリ化している部分があって、そこを少し解消していかなくはいけないとキャプテンとも話した。それからは大きな選手をサイドに入れてブロック力も強化して、高さも出しながらスピードもあるものを目指していこうと、その中間のバレーを目指すことになった。

 秋のリーグは、リーグ機構改革があり2部リーグは最下位になっても入替戦はなく、優勝・準優勝すると1部に自動昇格する。じゃあ下を見ずに上を見ようとなり秋リーグは大きな選手を育成して、そのチームで戦った。しかし、完成度が低く、結果は10チーム中9位で終わった。

 12月全日本インカレはグループリーグを勝ち抜き、決勝トーナメント2回戦で東亜大学に負けた。当初の目標を、長期計画で同じメンバーで戦えなかった。結論として方針の変更は間違えではなかったが、完成度が低くなってしまったのが残念です。 

 

――昨シーズンを振り返って収穫があったところはありますか?

 バレーのラリーポイント制に対する選手たちの戦術を改めてもらいたいこと。具体的には、本学はサーブポイントが非常に少ないチームであるとデータが出まして、サーブの効果が非常に少ない。しかも安定したサーブが打てない。今のラリーポイント制を考えると、お互いにサイドアウトを取り合う中である時に大きな波がある。その波を掴むのはサーブの威力なんです。サーブをきっちりと打ち込めるチームを作ること、サーブミスによる精神構造を変えることが重要でそこを一つのポイントにしています。

 あとは、ディフェンスの面でブロックとレシーブの連携を今年はより強化しています。

 

――新チームでこの冬の活動状況とチームの状態を聞かせてください。

 先日、5日間の愛知遠征を終えて、まだメンバーは固定していません。1月に練習を再開して2月に新入生を呼んでここまで練習している流れです。その間に色んな遠征を行って、そのなかで色んなものを確かめてきている。個々の能力をアップしていきたいのが目標。愛知遠征では各地域の大学リーグのトップチームと毎日やってきました。新入生の力を上げていくのが今回のテーマでありましたし、競争させることを重要にしていました。もうひとつはサイドのアタッカーまたはミドルをウイングだけでなくオポジットのポジションでもできる子が必要だと思っています。なぜなら、対戦相手によっていろんなパターンが必要なるから。今年は新入生に大きな子が入ってきましてその子達がどのくらいやるのかが、今の状況ですね。

 

――今年のキャプテンに対する評価はいかがですか?

 今年もキャプテンはリベロなんですよ。高校選抜のリベロをやったほどでキャリアは豊富です。彼の信頼感は厚いので彼を中心に守りを固めていきたい。チームに明るい雰囲気をもたらす選手であるので期待しています。

 

――今年のチームの武器となるものは何ですか?

 サーブとブロック、その二つです。つまり、攻撃力とディフェンス力をアップしているということです。このブロックが機能すれば、レシーブ力が上がります。あと、ある程度大型化をはかっています。完成としてどこらへんで起用できるかがテーマではありますが、おそらく東日本インカレ、秋リーグ、全日本インカレには楽しみなチームになっているかもしれません。

 

――監督自身選手を指導するうえで心がけはありますか?

 それは私の中でポリシーがありまして、4つあります。練習の中で心がけていることのひとつ目が、「常に公式戦を意識した動きができる人間を育てること」

これがなかなかできないんです (笑) 目が「練習の目的を理解して自ら進んで積極的に行動できる人間を育てること」。やらされるのではなくです。三つ目が重要で「集団行動の意味を理解して、他人を意識して行動ができる人間を育てる」。四つ目が「プレーヤーが主体であることを忘れない」。指導者が中心ではなく、黒子に徹する。選手が楽しくやらせてあげられる環境を作ることが必要かな。そのためにアドバイスするような流れをふんでいます。我々が目指す集団がここにあります。

 

――中央学院大学バレーボールの魅力は何ですか?

 上下関係を作らないところ。仲間意識がある。ある意味みんな仲が良い集まりだと思います。それが一番うちのチームの特徴です。ストレスが下の子にかからないのかな。4年生は後輩をきっちり面倒見るし、下がタメ口言えるぐらいのレベルなんです。それはうちのチームの良さかなと。入ってくる高校生が行きたい大学の一つになっているのではないかと思います。

 

――期待する選手はいますか?

 今度3年生になる舞原で、194cmのウイングスパイカー。彼には期待しています。あとは2年生なる落合でミドルブロッカーの190cm。ただ、彼は経験値の低い選手です。まだまだですが高さがあります。昨年夏鍛え上げた二人で、この二名は昨年の期待を裏切らないで、成長した証を見せてもらいたい。

 

 

――春のリーグに向けての意気込みを聞かせてください。

 もちろん優勝を目指します。昨年まで低迷していた中央学院大学から脱却したい。今年のチームスローガンは「復活」です。1部にも上がった時代もあります。昔のあの時代を戻そうと。そのためにみんなで頑張りたい。

 

 

***

村本監督は、バレーの戦術的な部分や選手の特徴や指導論に関して事細かに語ってくれた。話を聞いていく中で、監督の指導者として熱意がこちらにも伝わってきた。今年の大きなテーマは「復活」。分析力が非常に高い村本監督が仕掛けるチームはどのように開花するのだろうか。中央学院の戦いから目が離せない。

【writer】

hirokazu doi

【プロフィール】

埼玉でバレーボールに出会い、一目惚れ。

一人でも多くの人にバレーボールの楽しさ、面白さを伝えるため

今日も動き回っています。次はあなたのところへ。



カテゴリ:中央学院大学 バレーボール部

コメント

名前:

内容:

«« No.442 「みんなが同じ道に進めるように」桜美...一覧へNo.444 「粘り・コンビ・自立」早稲田大学女子... »»

合わせて読みたい「中央学院大学」「バレーボール部」関連のその他のコラム

最新のコラム一覧

コラム一覧をもっと見る

関連ブログ一覧へ

「中央学院大学」または「バレーボール部」に関するブログ

関連ニュース一覧へ

「中央学院大学」または「バレーボール部」に関するニュース

関連ムービー一覧へ

「中央学院大学」または「バレーボール部」に関するムービー

関連フォト一覧へ

「中央学院大学」または「バレーボール部」に関するフォト

新着サポスマ


新着コンテンツ

CSPark Skillとは? 大学スポーツ選手が自身の得意技を披露し、そのコツを伝授します! 今回は大学日本...ムービー

——順天堂大に進学した理由を教えてください1部リーグに所属するチームからも誘いが来てい...コラム

体育会部活のストイックでハードなトレーニングを体験出来る「アクティ部」 今回ハードなトレーニングを...コラム

新着コメント

星野 拓海  【報告】 先輩まさか小学校の先輩だったなんて 思っても見なかったです! 私は19なので3つ学年が違いますね! ...
コメントby : 真由
ブログ

明治学院大学チアリーディング部 SCARLETS  【今日の練習】 突然すいません。 現在高校3年生で明学のチアリーディング部に興味があるのですが、 初心者でも大丈夫...
コメントby : 匿名の大学スポーツ好き
ブログ

学習院大学 女子ラクロス部  【同期紹介】 すごい偶然ですね!!私も谷川由里香って名前なんですよ^^((どーでもいーw
コメントby : いちごちゃん
ブログ