大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.473 ユニバーシアードバスケットボール日本...一覧へNo.475 「ハロー!ルーキーズ!!vol.9」早稲田... »»

 更新

CS-Column no.474
「JAPANを背負うワールドクラスのスピードスター」 筑波大学ラグビー部・福岡堅樹

カテゴリ:筑波大学ラグビー部


 6月15日、東京秩父宮ラグビー場で2万人を超える大観衆が見守る中、欧州王者のウェールズに勝利し、新たな歴史を作ったラグビー日本代表。2019年に控える日本開催W杯での日本の活躍に大きな希望を与える大金星で、ラグビーに関わる全ての人にとって忘れられない日となった。

 

その中で、多くのラグビーファンの注目を集めた新星スピードスターがいた。筑波大学2年のウイング(WTB)福岡堅樹だ。これまで活躍してきた歴代WTBの大畑大介や吉田義人らを超えるトライゲッターとなりうるポテンシャルを秘めた逸材である。エディ・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチ(HC)に「ワールドクラスのスピード」と認められ代表に選出後、スタッフからはトレーニング次第で世界トップ10に入れるスピードもつけられるとお墨付きをもらっているという。

 

間違いなく19年W杯では中心選手として日本代表をけん引しているであろう選手だが、浪人した1年間のブランクの影響もあり、実は半年前までは大学の試合にすら出場していなかった。そんな選手が、いまや”JAPAN”を背負い、世界の強豪相手にトライを重ね、勝利に貢献している。そんな絵に描いたようなシンデレラストーリーで一躍日本ラグビー界の頂点へと伸し上がった福岡に、いまの心境を語ってもらった。

 

 

 

「賢く」プレーし、一度出た課題は繰り返さない。

 

——日本代表として戦ってみて、率直な感想はいかがですか。

代表の味方選手もすごい選手が多いですし、海外の選手達もハイレベルな中でやらせてもらっているので、これからラグビーをやっていく中で貴重な経験をさせてもらっていると思います。食事やウエイトのプログラムも全然違うので、そういう環境が最初は驚きでした。

 

——2月にJr代表に選ばれて、その後すぐの4月にエディJAPANに選ばれましたが、どのような心境でしたか?

Jrは、大学一年目でなおかつスタメンも定着してないような段階で、まさか呼ばれるとは思っていなかったですけど、これからやっていく上でこの機会を活かさないといけないと、自分のできることはやろうと思い、参加していました。その後、Jr代表の2試合目の段階で、代表の方にも選ばれたことを言われて。その時は喜びもありましたけど、不安も大きかったです。そんな中でいきなりやっていけるのかなって、そういう思いで最初はスタートしました。

 

——2月から環境が大きく変わったと思いますが、自分の考え方は変わりましたか?

最初は意識していなかったですけど、日本の代表としての責任を持ってやっていくという意識は変わってきましたね。特に国家を歌ったときに日本代表になったんだと実感して、歌っている時に絶対軽いプレーはできないなと思いました。

 

——初キャップ(4月20日アジア5カ国対抗フィリピン戦)の時はいかがでした?

地元の福岡で迎えられたので、本当に光栄で、ファーストタッチでトライができたので、本当に良いデビューができました。とにかくすごい感動しましたね。

 

——学生で選ばれていますが、プレッシャーは感じますか?

はい。結構ありますね。自分に悪い所があれば言って欲しいんですけど、なかなか上手くいかなかったあとに苛立たせちゃったりすることもあるので、そういうところはできるだけないようにしています。ただ、基本的にポジティブので。怪我があっても落ち込んだりせずにすぐ次に、っていうのは昔からあるので、失敗してもできるだけ次取り返そうと思います。世界を相手にしてもプレッシャーには強い方ですし、大舞台は楽しめる方です。大観衆の中でも、こういう観客達を魅了できたら楽しいだろうなと思っていました。

 

——代表として3ヶ月間を経験しましたが、どのような意識でプレーしてきましたか?

まずは、悪い所を出さないというよりも、自分の強みを出せるように、なんで選ばれているかというところを出せるように意識してやっていました。だんだんと試合に出る機会が増えてきて試合後のミーティングでも反省点も教えてもらえるので、一つ一つ変えていかなければいけないなと、最近では悪い部分を修正しようという方向になっています。

 

——これまでの代表での自分のプレーを振り返り、いかがでしょうか。

まだまだ自分が足りていないと一つ一つ教えられている感じです。毎試合課題がでてくるので、前回出た課題は次の試合で出さないようにするっていうのは一個一個意識してやっています。ウィングというポジション上、外側で待っていることが多いので、もっともっとボールタッチを増やすためにブラインド側から参加するとか。ディフェンス面では内側の人との連携がまだまだ薄かったりするので、コミュニケーションの部分でまだまだ足りないなと思っています。

  

——課題が見えてきた中でも、魅力はやはりスピードだと思いますが、どのように代表の中で引き出していきますか?

一番手っ取り早いのは、トライ。自分の決定力をアピールしていかないといけないです。

エディさんに言われたのは、キックのチェイスの部分では、それだけの良いスピードがあるんだから、ブライアン・ハバナ(南アフリカ代表)のような世界一の選手になって欲しいと言われています。そういう部分でもアピールしていかないといけないなと思っています。

 

——エディ・ジョーンズHCからのアドバイスも多いと思いますが、HCとの関係はいかがでしょうか。

まずは、一つ認めてもらっているというのが大きくて、信頼関係も構築できてきていると思います。エディさんからは常に、賢く賢くやれと言われていて、自分のプレーの良かった所と悪かった所を常に自分で分析したり、試合中でも試合の状況読んだりと、賢くプレーすることを自分の中でも心がけています。エディさんとして日本人はあまり賢くプレーできないという認識がある中で、珍しくそういうのができるからそこはやって欲しい、と言われているので、そこは期待に応えたいと思っています。もっと頭使える選手になりたいですね。

 

——エディHCの期待に応えていく中で、その先には19年のW杯があります。その時は27歳で、おそらく中心メンバーになっていると思います。

一番良い時期に、日本でできるのは、恵まれていると思います。ラグビーの中でも最終目標に設定されているので、そこで主力として出られたら光栄だろうなと。そのためにも、若い選手として入れてもらえているので、いまの経験をその時入る中心選手にも伝えていければなと思います。

 

——W杯はどのようなポジションで日本を引っ張っていきたいですか?

まぁ、キャプテンは無理なので。(笑)キャプテンタイプではないので、試合中冷静に状況を見て、戦況を判断できるような選手でありたいです。先導きってというよりも周りの選手を助ける形の方が自分