大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.600 「大学出身の日本代表とJリーガーを、も...一覧へNo.602 【MatchReportアミノバイタルカップ 準... »»

 更新

CS-Column no.601
順天堂大学蹴球部 長谷川竜也×新井一耀 クロスインタビュー

カテゴリ:順天堂大学サッカー部


昨季リーグ戦を3位で終え、9年振りのインカレ出場を果たした順天堂大学。その躍進の中心となったのは、リーグベストイレブンにも選出されたDF新井一耀(4年・清水商業)とMF長谷川竜也(4年・静岡学園)だ。185cmの長身を生かした空中戦の強さ、そして足元の技術にも長け、後方から順大を支える新井。そして、新井とは対称に164cmの小柄だが、テクニックとスピードで相手DFの常に一歩先を行くトリックスター・長谷川。2人は全日本大学選抜にも選出され、プロクラブからも注目を集める大学屈指の実力者である。今回は今季より堀池巧監督の下で新たなスタートを切った順天堂大学について、そして2人の大学サッカーにおける成長などを語ってもらった。

 



ーまずは昨季のリーグ戦について聞きたいと思います。3位で終えましたが。

新井)昨季は吉村監督で、前からプレスに行って、しっかり走って、しっかり守ってから攻撃というテーマだったので、全員が走れることと、前の選手がプレスに行くことが昨季の結果を大きく左右していました。その点で攻撃陣が頑張ってくれていて、後ろはこぼれ球をケアするだけだったので失点も少なく終われましたし、リーグ戦も3位という結果で終われました。昨季はやりたい形を自分たちで理解して、それが出来ていたのでああいう結果に繋がったのではないかと思います。
長谷川)コンセプトに対して全員がそれに向かうだけでした。うまくいっていない時は何かが出来ていないだけですし、うまくいっている時にはそれが出来ていてわかりやすかったです。チームとしてまとまって戦えたからこそ、あの結果に繋がったのかなと。

ー個人として見ても、新井選手・長谷川選手ともにリーグベストイレブンにも選出されました

新井)失点が少なかったことが最大の評価だったと思います。それは自分ひとりではなくてチームのコンセプトの中の守備がうまくいっていて、自分はこぼれ球をケアしていくだけでした。チームが最小失点だったところが(選ばれた)理由かなと思います。

長谷川)個人として充実したシーズンだったかというと、そうではなかったと思います。その中でも2年生より3年生の方が成長したなと実感はありましたし、もっとやれるという感触もありました。ベストイレブンというものが去年の成長した証。それでももっと出来るというのが率直な感想でした。


ー堀池監督に代わるといのはいつ頃に知らされたのでしょうか。

長谷川)デンソーカップの帰りのバスだったかな。

新井)そうだよね。

長谷川)宮崎キャンプの帰りだから3月ですかね。宮崎に行く前に一度スタッフに呼ばれたので何かなと思っていました。そのことについて一耀とも話しをしていました。キャンプが終わってから(新監督の)話を聞いて、マジかと(笑)


ーその話を聞いた時の心境というのは

新井)吉村先生が監督で今年はタイトルを獲りたかったという気持ちがあったので、その時はショックでした。堀池監督はサッカーゲームの解説とテレビ番組でしか見ていなかったので、正直、堀池監督のことはよく知らなくて。昔はどういう選手でどれくらい凄い人かというのはわかっていなかったです。監督になると聞いた時はびっくりしました。

長谷川)一耀と同じで、3年間吉村監督に見てもらっていたので、ショックでした。でも、それはどのチームでも監督が代わることはショッキングな出来事だと思いますし、堀池さんに代わるからというわけではなく、吉村監督が代わることはショックで受け入れ難かったですね。自分も堀池監督のことはあまり知らなかったので、次はどんなサッカーをするんだろうというのはありましたね。

ーそんな中、堀池監督が就任したわけですが、初めて会った時はどういう話をしたのでしょうか?

新井)これからどういうサッカーをしていきたいか、監督が考えているサッカーを僕ら2人に話してくれたんですけど、今までの大学3年間ではそういうサッカーをしてきていなかったので。楽しみな気持ちは自分自身、ありましたね。

ー堀池監督は具体的にどういうサッカーを目指してくと?

長谷川)後ろから組み立ててボールを大切にしていくこと。昨季は前に速く迫るサッカーだったが、今季は後ろから繋ぎたいと。ボールを大事にしてゴールまで行きたいと監督は話していました。

ーとなると、吉村監督の時と比べて練習メニューに変化はあったように思いますが。

新井)昨季は広いスペースの中で人数を少なくしてボールを使いながら走るトレーニングが多かったけれど、今季からは技術の部分が必要になってきているので、パス&コントロールだったりポゼッションだったりのトレーニングが増えました。吉村監督の時はあまり細かい指導はなかった。走れなければやっていけないというのが昨季までのサッカーだったので、相手より走ることの強化が大事だったと思います。昨季はそういう練習メニューが多かったですね。

ーそんな中迎えたリーグ開幕の相手は明治大学でしたね。

新井)全日本選抜もあって合流が遅れて、堀池監督の指導を受ける時間も少なくて。チームもそうでしたけど、自分もあまり適応できていなかった。不安な気持ちで開幕を迎えていました。でも試合を終えて、みんなまだまだやれるというのは感じたと思いますし、自分自身もこのチームだったら今季はいけると思いました。堀池監督がどういうサッカーをしたいかをチームも自分も意識して練習することで、そこからはみんなが適応できているのではないかと思います。


長谷川)うまくいく、いかないというよりもリーグが開幕したことで個人としても楽しみでしたし、昨季とやるサッカーが変わったことで、僕らは選抜で違うサッカーをやることは慣れていますけど、他の選手はいままで順大のサッカーをやり続けてきた訳で。またサッカーが変わった時に最初からうまくいく要素は少ないなと思っていた中でも、明治相手に意外とやれたことが少し自信になりました。一耀も言いましたけど、自分たちならやれるという感覚を、開幕戦で掴みました。

 

ー監督が代わったことで、新しく出場機会を掴んだ選手もいます。そういった選手と試合をしてみてどうですか?

新井)どのメンバーがリーグ戦に出てもやれると自分は思っています。あとは経験の部分。今年出てきた坂(圭佑・2年・四日市中央工業)や矢部(純也 3年・本庄第一)もこれからどんどん経験を積んでいけば慣れてきてどの相手とも戦うことができるようになると思います。やっぱり最初の頃、自分も1年生の頃は相手のスピードも速くて苦労しました。それが今新しく出てきた選手が感じていることだと思います。そこを自分が補えればいいなと思っています。

長谷川)今のメンバーだと、一耀と自分が経験があるので、少しでも多くのことを伝えたいという気持ちはあります。ここで得たものや選抜で得たものを少しでも後輩に残していきたいという気持ちがあります。サッカーのことで、こうしたほうがいい、ああしたほうがいいというのは話すようにしています。それがすぐ出来るようになるとは限りませんが、いつか役に立ってくれればいいなと思っていますね。自分が指導するというよりは一緒にうまくなりたいという思い。自分たちだけで順大が終わるわけではないので、自分が経験してよかったと思う部分は後輩たちに伝えていきたいなってピッチではやっています。

ー今季はここまでリーグ戦を終えて4勝3分3敗の4位ですが、どういった感触でしょうか?

新井)自分は途中から怪我で試合から離れていますが、初戦は明治に負けましたけど、その後立て直してからのチームは結構うまくいっていて、今はいい順位につけていると思います。このまま前期の最後に1勝して終わるかそうでないかで、後期の入り方が違ってくると思うので、最終節は怪我も治って復帰できていると思うので。そこをしっかり勝ちたいですね。

長谷川)3敗の内の2敗は逆転負けで、自分たちの問題を解決すれば防げるような負け方でした。なので、そこはポジティブに捉えて、その問題を無くしていけばいいと思います。前期最後の早稲田との試合もしっかり勝ちたい。前期は思ってた以上にうまくいっていたので、それを後期には堀池監督の目指しているサッカーをもっと近づけるようにしたいです。そうすれば結果もついてくると思うので。前期最後の試合までは少し空くので、大事かなと思います。



ーここで話を大きく変えたいのですが、お二人が順天堂大学に進学しようと思った理由を教えて下さい。

新井)自分は出身が千葉なので。高校の時は静岡に行きましたけど、関東の1部リーグでやりたいという気持ちがありました。関東の大学を探している中で、順大から声を掛けていただいて、実家から通えるというのもあり、そこが一番に決定付けるものになりました。チームを選ぶときはもちろん悩みますけど、どちらかというとパッとフィーリングで決めるタイプなので。実家から通えるという部分と関東1部だったという部分が大きかったです。


ー高校に静岡を選んだ理由というのは。

新井)フッチ(注:フッチスポーツクラブ 千葉県市川市のサッカークラブ)が静岡と繋がりがあって遠征もしていました。その時にフッチの監督が清水商業の監督に何人か欲しいと言われて。自分は流経(流通経済大学柏)や市船(市立船橋)もあったけど、練習に行って先輩との上下関係が厳しくて嫌だなと思っていました(笑) その話があって、フッチのメンバー4人とかで話して、みんなで行こうとなった。

長谷川)自分は高卒でプロを目指していました。高卒でプロに行くことにこだわりを感じていたので。正直大学のこととかは何も知らなかったですし、先輩の入った大学くらいしかわからなくて、どの大学がどういう風に良いかわかっていませんでした。それで、プロから声が掛からなくて。大学を選ばなくてはいけない8月ぐらいに、怪我をしていたれどセレッソから練習参加の声がかかりました。その時に親や監督と相談して、大学かプロかとなっていましたが、プロで勝負したいと言いました。ただ、実際に行ってみたけどダメで。スポーツ推薦の大学をほとんど全部断っていたんですけど、その時に順大だけ待っていてくれていました。それで監督と相談して、せっかく順大が待ってくれているのだからという理由でここに来ました。

ー順大以外に選択肢となっていた大学はどこでしょう?

長谷川)監督が言う限りだと、阪南、福岡、専修、明治とかですね。

ーでは、実際に順大に来てみていかがでしたか?

長谷川)今まで自分が知っていたサッカーとは全く違うサッカーだったので(笑)ギャップはありました。本当にここでやっていけるのかなと正直最初は思いました。

新井)高校と大学はやはりレベルが違うんだなと。もちろんプロと大学も違いますけど、判断のところや走るスピードも違っていたので、最初の頃は練習とかも嫌でストレスを感じていました。練習前とかもお腹が痛くなったりして(笑)そういう時期もあって、最初はここでやっていけるのかなという気持ちはありましたけど、後期くらいから試合に出始めて、徐々に自分の自信になっていって、今の自分があるのかなと思います。

ーお互い、始めて会った時の印象はどういうものだったのでしょうか。

新井)静岡県選抜の時に初めて会いました。静岡では竜也はすごく有名で、静学(静岡学園)でも中心選手でした。静学の選手はみんなうまいけれど、その中でも竜也は本当にうまくて飛び抜けているなと思っていたので。まさか自分が竜也と一緒にプレーすることになるとは思っていなかったです。

長谷川)一耀はとりあえずデカいなと(笑)静岡で見たことがなかったので、どこから清商(清水商業)は連れてきたのかな?と思いました。清商のサッカーなので、キックがうまくてヘディングが強いというそのイメージ。

ー高校時代に対戦歴はあったのでしょうか。

長谷川)2年生の総体の決勝とか、選手権の時とか。

新井)3年の選手権の時は自分たちが決勝で勝ちました。

長谷川)あの時は、準決勝で静学がめちゃくちゃ良くて、逆に清商がめちゃくちゃ悪かったんです。これいけるなと思っていたんですけど、決勝になったら見違えるほど清商が気合い入っていて(笑)自分たちも、もちろん気合いが入っていたけど、1点取られてから流れを持っていかれてやられましたね。普通に強かったです。今までやった中で一番強かったですね。

ーその選手権の決勝時で、お互いが順大に行くとは知っていたのでしょうか。

新井)竜也はプロに行くと思っていました。

長谷川)自分も一耀はプロ行くと思っていたので。知ったのが、12月くらいに受験の時に会って、「おお!」みたな感じでした(笑) 最後にやられたので清商というチームとしては好きではないですけど(笑)、選手はみんな好きなので、一緒にやるのは楽しみだなって思いました。自分たちの代は有名だった選手が多く入ってきたので、すごく楽しみでしたね。

ープレー面についてお聞きしたいと思います。大学に入ってから自身で感じる変化した部分はどういうところでしょうか。

新井)中学の時はSBで、高校の時にいきなりCBをやらされて、そこからずっとCBをやっていました。CBは経験がすごく大事。大学1年の後期からCBで試合に出させてもらって、良い環境で経験を積まさせてもらってるなと思います。違う監督の下でサッカーをしたこともあって、成長したなと。周りからも言われますし、プレーの幅が広がったなと自分でも感じていますね。

長谷川)人間として成長できたと思います。1年生の時は、人の意見を受け入れられなかったですし、自分の意見を貫き通して言うだけみたいになっていました。そういう部分で、周りに伝わらないなとか、サッカー選手としてというより、人としてのあり方をこの大学に来て考えるようになりました。そういうのが自分でも思うくらい変われたかなと思います。人の意見も聞けるようになりましたし。そういうのがサッカーにも通じているというか、どの監督やコーチや選手に言われても考えるようになりましたし、何を求められていて、どうすればいいのかというのを考えるようになりました。そうしたたら、4年生になってからはイライラすることも無くなって、プレーに集中できていますし、みんなとサッカーをやるのが楽しいなと感じるようになりました。人として成長できている部分が今の自分を支えているのかなと思います。

ーそれでは、お互いにそれぞれにどういう変化があったと感じていますか?

新井)高校の時から小さくて細いなって思っていたんですけど、竜也は結構筋トレしていて、筋トレのおかげかわからないですけどさらに速くなりましたし強くなりました。一緒に練習をしていてもスピードが全然違うので、他の大学で対戦相手にいたら嫌だろうなって思いながらやっています。竜也も言っていましたけど、人との関わりという部分で、人として成長した部分もあると思います。身体への気遣いのこととかは、竜也は意識が高いので自分も見習っているところです。

長谷川)一耀はまず喋るようになりましたね。一耀は喋れたら完璧だと思っていたので。試合中に喋る声だったり、うまくいっていない時に出る声だったり。すごく喋れるようになったので、全然違うなと。あとは一耀は抜け目がなくなった(笑)昔はこんなに足元うまいと思っていなくて、だけど実際はめちゃくちゃうまかった。一緒にやればやるほど一耀の良さを知れて、全日本で一緒にやっていても一番良いCBだなと思いますし、一耀もかなり成長しているので自分も負けられないなと思いますね。なので練習とかでわざとマッチアップするようにして、敵になってそこで自分も止められたりして、やっぱりうまいなって感じですね。


ーお二人とも、敵にいたら嫌だな、と。

新井長谷川)絶対に嫌ですよ(笑)

長谷川)一耀は怪我明けで最近は敵として練習することが多くて、マジでめんどくさくて嫌です。一耀は駆け引きが本当にうまい。
新井)駆け引きの部分は、大学に入って経験をしていろいろな対戦相手ともやって自分なりな考えたりして。そういうことを考えるようになってからは、プレーの幅も広がりましたし、大学で成長できた部分かなと思います。

ーこれからの進路についてはどうお考えですか?

新井)どこに行くかが大事だと思う。すごく悩みますし、いろんな人に相談しています。プロになってJリーグで活躍するのが、自分の中での目標なので、その上でどのチームが一番自分に適しているのかというのを見極めて、選ぶ必要があるなと思っています。

長谷川)もうすぐ一耀と一緒に練習参加に行きます。今、大学では選抜にも選ばれて上のほうにいるかもしれませんが、プロに行ったら一気に下のほうになると思うので、どうせ下からやるなら全部を吸収できるようなチームでやりたい気持ちがあります。

新井)自分もいくつかのクラブのキャンプに行ったんですけど、そのチームでプレーすることは自分にとってプラスになりました。正直今はどこい行けばいいか悩んでいますし、具体的にここに行きたいというのはあまりないです。

ー選択の上で、最も重点を置いているところは。

新井)どこのポジションもそうですが、試合に出れていないと厳しい部分があると思います。信頼を勝ち取ることは難しいことだけれど、逆に信頼を勝ち取ればCBは長くやれるポジションなので、どれだけ試合に出れるかという部分に重きを置いています。

長谷川)自分は具体的にオファーを頂いているわけではないので。ただ練習参加は何チームか声をかけていただいている段階で、一番自分が重視しているのは、もっとうまくなれると思っているので、どこに行けばサッカーがもっとうまくなれるのかというところ。試合に出る出ないももちろん大事ですけど、ただJリーグに行って今の実力で勝負して、サッカーを続けていくためにサッカー選手になるわけではなくて、ただサッカーが好きでもっとうまくなりたいという気持ちでここまで続けてきたので。それはプロに行っても変わらないと思うので、そのためにどこの環境ならうまくなれるのかというのを自分でちゃんと考えて決めたいなと思います。

ー普段はどういった視点でサッカーを見ているのですか?目標とする選手などがいれば教えて頂きたいです。

新井)自分はCBなので、どういう所にボールを出しているかとかこういう時のラインはこうでとかは自分なりの観点で細かく見ていますね。バルセロナの試合やチャンピオンズリーグは見ていますね。

長谷川)昔はイニエスタが好きでよく見ていましたけど、今は選手を見るというよりかは、自分が足りないと感じた部分。例えばポジショニングがもっとうまくなりたいと思ったら、いろんな選手のポジショニングやプレーを見て、それは海外に限らずJリーグも見ます。裏の抜け出しがうまくなりたいと思ったら、また違う選手の動き出しを参考にしますし、その時の状況によってのプレーを多く見るようにしています。試合を見るときも、良かったプレーを少し前の場面から見たりしています。最近はJリーグもよく見るようになりました。

ーでは、近い所でいうと今の関東リーグで意識している選手はいるのでしょうか?

新井)自分は明治の山越(康平 4年・矢板中央)ですかね。仲も良くて。ヤマはプロのチームを選ぶ上でお互い相談したりしているので。開幕戦の対戦がわかった時に、ヤマは「絶対順大には負けない」とか言ってきたり、逆に自分はヤマに「セットプレーでお前から点取るわ」って話ししたりします(笑)

長谷川)竜司(和泉竜司 明治大学4年・市立船橋)ですね。リスペクトしている部分が一番ある。全日本のときでも竜司のプレーを見て学んだり、意識を見て、もっと自分もやらなきゃって良い意味で刺激されています。だけど絶対負けたくない。

ーそれでは最後になりますが、今後のリーグ戦に向けてのチームと個人の目標、意気込みをお願いします

新井)前期は残り1試合ですけど、後期に良い形でつなげるために勝ちたいです。チームとしてもタイトルを獲りたいので、それが目標です。自分は失点をいかに少なくしていくかが課題なので、リーグ最少失点チームになることを目標にしてやっていきたいです。

長谷川)一耀も言ったように、チームとして何かタイトルを獲りたいと思いが強くあります。個人としては、得点をもっと取れるように。試合の中でビックチャンスを作ることが自分の仕事だと思うので、その中で得点やアシストで結果を出すことを今後より意識していきたいなと思っています。

 

○長谷川竜也(はせがわ たつや) 1994年3月7日生まれ 静岡県出身

静岡学園時は現・川崎フロンターレの大島僚太らと共に全国の舞台で活躍。順天堂大学では1年次からレギュラーとして出場し、今季は10番を背負って攻撃陣を牽引。ドリブルの技術だけでなく、前線からの守備でも貢献できるチームの要。

 

○新井一耀(あらい いっき) 1993年11月8日生まれ 千葉県出身

全日本大学選抜にもコンスタントに選出され、7月に開催されるユニバーシアードに望むメンバーにも着実にリスト入りを果たした長身のCB。最終ラインで跳ね返す力だけでなく、最後方からのビルドアップの技術にも定評がある。堀池監督が志向するサッカーにおいて外せない存在。

【writer】

小原裕生

【プロフィール】

2014年シーズンよりCSParkサッカー班にてライター活動を開始。長澤和輝(現 1FC.ケルン)、天野純(現 横浜F・マリノス)に惚れ込み大学サッカーの世界へ足を踏み入れる。現場で得られる魅力を発信していきたい。



カテゴリ:順天堂大学 サッカー部

コメント

名前:

内容:

«« No.600 「大学出身の日本代表とJリーガーを、も...一覧へNo.602 【MatchReportアミノバイタルカップ 準... »»

合わせて読みたい「順天堂大学」「サッカー部」関連のその他のコラム

最新のコラム一覧

コラム一覧をもっと見る

関連ブログ一覧へ

イチオシのブログ

関連ニュース一覧へ

「順天堂大学」または「サッカー部」に関するニュース

関連ムービー一覧へ

イチオシのムービー

関連フォト一覧へ

「順天堂大学」または「サッカー部」に関するフォト

新着コンテンツ

 チームの絶対的エースを欠いたことによる苦戦が予期された関西学院大学が、なんと4得点の大差で同じ...コラム

  敗者となってしまった明治大学のメンバーの表情には、悔しさよりも”やりきった"達成感のほ...コラム

    関西勢同士の顔合わせとなった一戦は手に汗握るシーソーゲームとなった。今季の対戦はこ...コラム

新着コメント

岡 倫之  【プロフィール】 Добро пожаловать в удивительную страну - гостеприимный Израиль. Вашему вниманию индивидуальная пр...
コメントby : HpoIndeno
ブログ

岡 倫之  【プロフィール】 Здравствуйте : молодые мамы вам будет интересно узнать о : Также Вы можете посмотреть товар в офи...
コメントby : Kachalkijep
ブログ

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Мой viber, whatsApp: пишите 8-996-725-57-87 скайп kruzzor Могу долго расписывать какой я мо...
コメントby : RadikQuolo
ブログ