大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.656 【Match Report 関東大学サッカーリーグ...一覧へNo.658 【Match Report 関東大学サッカーリーグ... »»

 更新

CS-Column no.657
【Match Report 関東大学サッカーリーグ1部 第20節 神奈川大学vs駒澤大学】神奈川大学が見事な逆転勝利で駒澤大学を下し、1部残留に向け望みを繋ぐ

カテゴリ:神奈川大学 駒澤大学サッカー部


 「サッカーの魅力として思うのは、いかに劣勢だとしても最後の最後まで勝負が分からないというところ」今季、3勝目を上げた駒澤大学戦後、神奈川大学・長谷川大監督の言葉が試合内容を物語る。
 
 試合は開始30秒、吉岡雅和(3年・長崎総合科学)のスーパーゴールで幕が開けた。右サイド高い位置でボールを持った吉岡が、相手の寄せが無いと見ると、左足を振り抜く。ボールは綺麗な弧を描いて、ゴールネット左隅に吸い込まれる様に入っていった。
 
 
 開始1分の得点により前掛かりに攻める必要が無くなった駒大は、神大の攻撃に対しブロックを敷いて対応。攻撃時には前線の菊池将太(4年・浦和東)を筆頭に、前線4枚のみが攻撃に参加という割り切った攻撃を展開する。

 しかし、1部残留を目指す神大の猛反撃がここから始まる。21分、PA内で武田将平(3年・流通経済柏)が倒されPKを得ると、徳野舜(3年・鹿島Y)が冷静に沈め同点に追いつく。41分には、「鈴木が点を取ったら試合に勝つ、それが鈴木に課せられた使命」と長谷川監督が絶大の信頼を誇る鈴木翔大(4年・日本航空)がCKをヘディングで合わせ、逆転に成功する。
 
 後半は、駒大が前に圧力を掛け続けるという構図が続くが、神大のDF陣が跳ね返し続ける。
最後の球際の寄せ、相手より先にボールを触る。そういった「一瞬、一瞬の細かい所に勝負の神様は宿る」(長谷川監督)事を選手が理解しているからこそ、最後まで集中力が切れる事は無かった。
1部残留に向けて負けられない、その気迫を前面に出した神大が、見事に勝利を呼び込んだ。

 神大のこれまでの道のりは険しいものだった。今年、3年ぶりに関東リーグ1部の戦いに復帰したが、なかなか勝利を上げる事が出来なかった。そんな中、昇格後初勝利を上げたのは今節勝利した駒大であった。前期に対決した際は、今節同様、駒大に先制点を奪われたものの、89分、93分のわずか4分間で2ゴールを奪った神大が逆転勝利を収めたことも記憶に新しい。初勝利を収めた後、長谷川監督は「自分達でさえ、どうなるか分からないサッカーを自分達の物にしていく為には、いかに1分1秒無駄にしてはいけないか体感出来た試合」と劇的なこの試合を振り返った。

しかし、その後はなかなか勝ち星を上げる事は出来ず、前期はわずか1勝で幕を閉じ、後期開幕後も状況はなかなか好転せず。負けはしないが勝ち切れない戦いが増えていく中で、引き分けの数は10とリーグ最多にまで及んだ。しかし「サッカーに判定勝ちは無い」(長谷川監督)。勝負の世界は勝者となった者のみに光が当たる。1部残留に向けて残り2節、勝つだけだ。
 

 

 神奈川大学 

POS 番号
名前 学年 採点 寸評 交代

GK

1

池村 彰太 (JFAアカデミー) 4 6.5

点場面はノーチャンス。その後は気持ちを切らすことなくプレー

 
DF 13(C) 

高橋 孝友 (桐光学園) 

気迫の守備を見せ続ける。常に戦う姿勢を出していた 78' 
DF

4

千田 海人 (仙台Y) 
6.5 

シンプルに前に迫る相手の攻撃を跳ね返し続ける。残り2節「勝つ」

 
DF 30  寺前 光太 (日本大学藤沢) 
6.5  タフな時間帯が続くも、固い守備で中央をしっかりと締めた。  
DF 17 
徳野 舜 (鹿島Y) 6.5  冷静にPKを沈め、精度の高いCKから鈴木のヘディング弾もアシスト 81' 
MF 23 
中山 知之 (JFAアカデミー) 持ち味の攻撃を発揮する時間は少なかったが、中盤の守備に奮闘  
MF 16 

武田 将平 (流通経済柏) 


中盤で菊池と競り合う際は常にマークし、自由にプレーさせず  
MF 18 菊池 佑太 (仙台Y)

鋭いドリブル突破からクロスを上げ、前線をサポートした

 
MF 岡田 孝徳 (横浜FC・Y)

守備に回る時間が多い中、推進力を活かして前線にボールを運ぶ

 

FW 鈴木 翔大 (日本航空) 高さ際立つ守備を逆手に取り、ニアで合わせたヘディング弾は見事  
FW 20 

奥田 晃也 (新潟Y)

5.5  中盤を省略する展開では、彼の良さが生きずに消える時間が続く 73'
SUB      
DF 5 南 祥巧  (横浜FC・Y)   - 時間短く、評価なし 78’in
DF 2 吉田 直人 (湘南Y) 4   -  時間短く、評価なし 81'in 
MF  8

齋藤 翔太 (湘南Y)

4 5.5  プレーに迷いが見られる。試合終盤の危険なファウルは避けたい 73'in
監督   長谷川 大   7 劣勢を覆す見事な逆転勝利。残り2節「可能性と勇気を信じて戦う」  

 

 駒澤大学 

POS 番号 名前 学年 採点 寸評 交代

GK

1

積田 景介 (市立船橋) 5.5 

CKは高さが揃っているだけに、ニアへの警戒を高めたかった

 
DF 26 

熱川 徳政 (藤枝東) 

対人で何度も勝利はしたが、奪ってからのパスミスが多い  
DF

32

伊勢 渉 (神戸国際) 

鈴木への対応に手こずる。何度かターゲットとして起点を作られた

 
DF 宮坂 瑠 (三浦学苑)  5.5  流れの中での失点は無かったが、セットプレーからの2失点は追求が必要  
DF 柳川 剛輝 (広島Y) 5.5  守備の役割をしっかりとこなし、左サイドを破らせなかった  
MF 15  種岡 峻将 (市立船橋) 5 セカンドボールの回収は良かったが、痛恨のPK献上を喫す   
MF 10 

中村 駿 (習志野) 

後半は前線に上がりゴールに迫るが、相手の気迫を上回る事は出来ず

 
MF 平野 篤志 (大宮Y) 吉岡とのワン・ツーで存在感を見せたが、時間の経過とともに消えた 62’
MF 17  金 大生 (東京朝鮮) 5.5 

果敢な突破で右サイドを突破したが、クロスの精度が低かった

88’ 

FW 吉岡 雅和 (長崎総合科学) 開始30秒、綺麗な弧を描くスーパーゴールを難なく決める。  
FW

菊池 将太 (浦和東)

前線のターゲットとして奮闘するも、ゴールになかなか向かえず  
SUB      
MF 18  児玉 卓也 (大津) 3 5.5  同点に追いつくために、積極的にゴール前に進出したがうまくいかず 62’in
MF 28 伊藤 大祐 (山梨学院) 1   - 時間短く、評価なし 88'in 
   

 

       
監督   秋田 浩一    5.5 前に圧力を掛けるだけの攻撃では得点は生まれず。アクセントが欲しい  

 

 

MOM 神奈川大 FW 9 鈴木翔大(4年・日本航空)

【writer】

石津暁

【プロフィール】

石津暁 Akira Ishidu

新潟県新潟市出身

豪雪地帯の新潟で小学校からサッカーを始める。大学受験に失敗、一浪し、その後ふと見に行った専修大学の試合を見て大学サッカーの虜となる。

ライター活動を始め、『立場が変われば解釈が変わる』という事を強く感じる。自分が伝えたい事を常に見据え頑張ります。

目指す夢はノンフィクションライター。

Twitter>>> @azyara_usimitu



カテゴリ:神奈川大学 駒澤大学 サッカー部

コメント

名前:

内容:

«« No.656 【Match Report 関東大学サッカーリーグ...一覧へNo.658 【Match Report 関東大学サッカーリーグ... »»

合わせて読みたい「神奈川大学 駒澤大学」「サッカー部」関連のその他のコラム

最新のコラム一覧

コラム一覧をもっと見る

関連ブログ一覧へ

イチオシのブログ

関連ニュース一覧へ

「神奈川大学 駒澤大学」または「サッカー部」に関するニュース

関連ムービー一覧へ

イチオシのムービー

関連フォト一覧へ

「神奈川大学 駒澤大学」または「サッカー部」に関するフォト

新着コンテンツ

新着コメント

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Перезвоните мне пожалуйста по номеру. 8 (812) 642-29-99 Виктор.
コメントby : Виктор
ブログ

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Перезвоните мне пожалуйста по номеру. 8 (950) 000-06-64 Виктор.
コメントby : Виктор
ブログ

日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 Перезвоните мне пожалуйста по номеру. 8 (999) 529-09-18 Виктор.
コメントby : Виктор
ブログ