大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.664 【CSParkサッカー班選定】2015年度 関東...一覧へNo.668 【Match Report 第64回 全日本大学サッ... »»

 更新

CS-Column no.665
【Match Report 第64回 全日本大学サッカー選手権1回戦 順天堂大学vs大阪学院大学】

カテゴリ:順天堂大学サッカー部


 

  プレーオフで出場枠を手にした順天堂大学が、8年ぶりにインカレの舞台に戻ってきた大阪学院大と激突。順大はリーグ戦同様、自分たちがボールを主体的に保 持して後方からのビルドアップでチャンスを作ろうとし、大阪学院大はボールホルダーへのタイトなプレスと積極的なラインアップで順大の攻撃するスペースと 隙を潰して対応するという図式が序盤から明確化した。

「立ち上がりにけっこう相手の勢いに飲まれてしまった」(佐野翼 3年・清水商業)予想以上の相手のハードワークに対して面食らった順大はトップ下の長谷川竜也(4年・静岡学園)やギャップを積極的につく杉田真彦 (2年・静岡西)に効果的にボールを入れることができず、高い相手を押し込むために2枚のCBからロングフィードを放る展開に。この形でなかなかチャンスを作れぬまま、37分、自分たちのCKからのカウンターを最後は瀧谷亮 (3年・相洋)に沈められ先制点を許してしまったが、ロングボールを続ける中で相手の弱点が見えた。

 それは 「人 には強いですけど、一個動き出せば外せる」(佐野)というもの。明らかにフィードに対して抜ける選手へのマークがはっきりしておらず、"通れば"という シーンが前半の時点で散見された。そして後半、その弱点を突いた順大が同点弾をあげる。59分、米田隼也(2年・静岡学園)の左からのパスに中央で上手く 相手DFの間に入ってボールを収めた佐野が冷静に右足でネットを揺らす。

 序盤からハードワークを続けてきた大阪学院大であったが 「あ れを90分続けられるチームというのはなかなかないし、後半になったら流れは傾いてくるというのはわかっていた」(長谷川)と先制されても動揺をしなかっ た順大がゲームを振り出しに戻すと、73分には右からのクロスを佐野が合わせ、シュートミスとなったボールを名古新太郎(1年・静岡学園)がアクロバ ティックな体勢で合わせて逆転弾を記録。

  後半から新里涼(2年・横浜FM・Y)に変わりトップ下に入った名古が、早速大仕事を成し遂げた。そして終了間際の86分、ボックス内で佐野が相手DFを 背負いながら外にはたき、これを受けた米田が後方から上がってきた長谷川に渡す。長谷川がエリア外から狙いすました右足でゴール右隅に突き刺し、3-1と し、順大が逆転勝利でインカレの初戦を白星で飾った。「中1日というのは厳しいものがある」と堀池監督は日程に難色を示したが、激しい守備をしてくる相手 に対して成功体験を得られたことはチームにとって大きな価値があるとポジティブに捉えたい。順大の次なる戦いの相手はこの日以上のハードワークを遂行して くるであろう福岡大。両チーム、色の異なるサッカーを遂行するだけに、非常に見どころが満載の試合となるだろう。


 順天堂大学 

POS

背番号

名前

学年

採点

寸評

交代

GK

30

今川 正樹 (日大藤沢)

4

6

相手のプレスにも動じず、正確な足元の技術とキックが光る

 

DF

3

吉永 哲也 (千葉U-18)

4

6.5

攻め上がる回数は少なくも、見事なクロスで逆転弾を呼ぶ

 

DF

4

矢部 純也 (本荘第一)

3

6

パスミスもあれど、チームスタイルを体現。フィードも効いていた

 

DF

13

宮本 和輝 (横浜FM・Y)

4

6

攻守において自信を持ってプレー。落ち着いていた

 

DF

12

原田 鉄平 (静岡学園)

2

5.5

序盤から果敢な攻め上がりを見せるも、前半で負傷交代

27’

MF

24

室伏 航 (市立船橋)

2

6

高い技術力を安定して出せるが、欲を言えばゴールに絡みたい

 88'

MF

8

新里 涼 (横浜FM・Y)

2

5.5

ハイプレスの相手はいなせるも、その後の決定打に欠けていた

 HT

MF

27

杉田 真彦 (静岡西)

2

6

嫌なスペースに入るのが巧い。CKからのチャンスは決めたかった


MF

11

米田 隼也 (静岡学園)

2

6

前半は中を切られて苦戦も、クロスで同点弾をアシスト


FW

10 (C)

長谷川 竜也 (静岡学園)

4

6

相手の息の根を止める3点目はさすが。だが、警告は無駄だった

 

FW

9

佐野 翼 (清水商業)

3

7

全3得点に絡む活躍。復活したストライカーがインカレで輝くか

 

SUB

 

 

 

 

 

 

DF

15

船木 雄太 (秋田商業)

4

6.5

急遽出場も、任務を遂行。攻守において高い安定感を誇った


MF

17

石上 輝 (堀越)

1

-

時間短く、評価なし


FW

29

名古 新太郎 (静岡学園)

1

-

時間短く、評価なし

 

監督

 

堀池 巧

 

6.5

名古の投入と長谷川ボランチ起用がハマり、逆転を呼ぶ  

 

 

 大阪学院大学 

POS

背番号

名前

学年

採点

寸評

交代

GK

41

田中 大貴 (香川西)

2

5.5

前半の長谷川のシュートはよく止めた。が、結果として3失点

 

DF

13

阿部 勇輝 (G大阪Y)

1

5.5

 前半は上手く自サイドを守ったが、米田を90分沈めるのは難しい

 

DF

4

福田 浩規 (G大阪Y)

3

5

 走りこんでくる相手に対してのマークが甘く、フリーにさせていた

 

DF

12

加奈川 凌矢 (東福岡)

1

5

ラインアップは果敢に行うも、90分は持たず。中央の守備も緩かった

 

DF

29

内藤 拓実 (大分U-18)

2

5

 上手く中央に入る杉田を掴み切ることができず、守備で苦戦


MF

8

箱崎 裕也 (香川西)

3

5.5

河合とともにサイドを果敢に突破。結実せずも、気持ちは見られた

 

MF

5(C)

山千代 大斗 (G大阪Y)

4

5.5

 小倉と共に中央の守備でタフに闘うも、走らされる時間が多かった

 79'

MF

23

小倉 圭輝 (飛龍)

2

5.5

 守備に徹した中で相手にいなされるも、ラインの幅は保った  66'

MF

7

河合 秀人 (京都橘)

4

5.5

前線で見せた積極的なドリブル突破と守備で貢献した


FW

3

瀧谷 亮 (相洋)

4

6

前半に迎えたファーストチャンスをしっかり決めきった

 

FW

11

當瀬 泰祐 (日章学園)

4

5.5

持ち味のスピードを活かし、カウンターからのクロスで先制点を呼ぶ

 76'

SUB

 

 

 

 

 

 

DF

27

柳田 佑也 (東福岡)

2

-

時間短く、評価なし


MF

30

板垣 将史 (帝京第三)

4

5

劣勢の状況で入るも、前半ほどサイドから起点を作れず


FW

29

齋藤 俊輔 (習志野)

3

-

時間短く、評価なし

 

監督

 

藤原 義三

 

5.5

ハードワークするゲームプランはハマるも、90分は続かず

 

 

 

MOM 順天堂大学 FW 9 佐野翼(3年・清水商業)

【writer】

Reona Takenaka

【プロフィール】

平成元年生まれのロンドン世代。2011年よりCSParkのサッカーライターとして活動を始め、今年度は引き続き関東大学リーグの取材をしつつ、『EL GOLAZO』にて川崎フロンターレの担当記者を務める。2012,2013年度は湘南ベルマーレ担当。ライター以外にも様々な業務をこなす。愛するクラブはドイツ・ブンデスリーガ1部のウェルダー・ブレーメン。

>>> Twitter: @reona32
>>> Blog:http://reonatakenaka.com/



カテゴリ:順天堂大学 サッカー部

コメント

名前:

内容:

«« No.664 【CSParkサッカー班選定】2015年度 関東...一覧へNo.668 【Match Report 第64回 全日本大学サッ... »»

合わせて読みたい「順天堂大学」「サッカー部」関連のその他のコラム

最新のコラム一覧

コラム一覧をもっと見る

関連ブログ一覧へ

イチオシのブログ

関連ニュース一覧へ

「順天堂大学」または「サッカー部」に関するニュース

関連ムービー一覧へ

イチオシのムービー

関連フォト一覧へ

「順天堂大学」または「サッカー部」に関するフォト