大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.669 【Match Report 第64回 全日本大学サッ...一覧へNo.671 【Match Report 全日本大学サッカー選手... »»

 更新

CS-Column no.670
【Match Report 全日本大学サッカー選手権 準決勝 明治大学vs関西学院大学】

カテゴリ:関西学院大学サッカー部



 

敗者となってしまった明治大学のメンバーの表情には、悔しさよりも”やりきった"達成感のほうが勝っていたように思える。 「みんな、やれることはやったのかなと。その中で相手のほうが実力が上だったと感じています」明大の10番であり主将、和泉竜司(4年・市立船橋)は試合後にこう口にした。観る側としてはがこの一戦から非常に大きな充実感を感じ取ったが、結果として敗者となってしまった彼らにとっても、それは同じだったらしい。


 ゲームの開始後、"ボールを握る”という意味で主導権をとったのは間違いなく明大だった。山越康平(4年・矢板中央)と室屋成(3年・青森山田)を中心として右サイドの道渕諒平(3年・仙台Y)、そして和泉を交えながら丁寧に下からビルドアップをして前線へ運ぶ。「 相手がうまかったし取りに行っても取れないと思ったので、ディレイをした」と関西学院大・小林成豪(4年・神戸U-18)と技術面での差を実感したようであったが、とはいえ引きすぎることはなく、"奪いにいける"と察すればプレスを仕掛ける。そして、この守備が見事にハマった。「 相手のSBがかなり上がってくるのはわかっていたので、いい守備ができたら空いてくるとは思っていた。そこでうまくカウンターができたと思う」と小林は続けて語ったが、その通り明大としては先に述べた右サイドの攻撃力は好調だった一方で、室屋が上がった裏のスペースがぽっかりと空いており、関学としてここが明確な"狙い所"だった。

 6分、中盤で奪ったボールをそのスペース、関学から言うところの左サイドの裏に放ると、小林が中央から対応に出た山越との1対1を制し、クロスを上げる。一度は明大守備陣に跳ね返されたものの、セカンドボールに反応した右SBの高尾瑠(1年・名古屋U-18)が思い切りよく蹴りこみ、これがサイドネットに突き刺さった。ファーストチャンスをものにした関学は、22分にも追加点をあげる。右サイド浅い位置でボールを受けた森俊介(3年・東山)が得意の左足で鋭いボールを左サイド裏のスペースに出し、これに反応したのはチームの絶対的エース、呉屋大翔(4年・流通経済大付属柏)だった。最初のシュートは一度はGKのセーブにあったものの、こぼれ球を角度のないところから蹴りこんだ。

 早々と2点のリードを奪った関西学院大だったが、ここから空気は一変する。 「2点を取られて目を覚ましたというか、ようやく”これじゃダメだ”というのに気付かされた」(和泉) 明大は和泉、道渕を中心に躍動。華麗なパスワークで相手陣内に押し込みつづけると、22分には中央から和泉が最終ラインの裏に出したボールに室屋が反応し、左足で冷静にゴールへ流し込む。そしてその15分後には自陣から小出悠太(3年・市立船橋)が放ったフィードを相手のボックス内で道渕が見事な胸トラップで収め、相手DFを引きつける。ここで道渕はシュートを打ちきれずにボールはこぼれるも、和泉が入り込んで左足で狙いすましたシュートをニアに沈めて同点に。追い風に乗った明大はその後も圧力をかけ続けたが、前半終了間際の43分に藤本佳希(4年・済美)がフリーではなったヘディングシュートは枠の上に外れるなど、逆転弾を決めるには至らず。

 結果的に、この流れがある時間帯で決められなかったのが全てだった。

 

 「後半みんなでもう一回引き締めてやっていこう」という成山一郎監督の声で平静さを取り戻した関西学院大が後半開始直後の52分、1点目と同じく左サイドの1対1を制した小林のクロスから、ゴール前でこぼれたボールを小野晃弘(2年・藤枝明誠)が蹴りこんで勝ち越しに成功。その後明大は3-4-3にシステムを変更しサイドからの攻撃に圧力をかけるも、大きなチャンスは作れない。そのまま後半アディショナルタイムに入ると、高い位置まで出たGK服部一輝が前方の河面旺成(3年・作陽)にパスを送ると、河面がこれを服部にリターン。その瞬間、ギアをあげて圧力をかけにいった途中出場の福冨孝也(4年・宝塚北)が服部からボールを奪って前方に蹴りこむと、呉屋がこれを拾って無人のゴールへ流し込み、4-2。残り2分で2点を返す力は明大には残されておらず、このまま試合は終了した。

  関西学院大はこれで2年連続の決勝進出。前年度は悔しい敗戦を喫しただけに、"今年こそは"というリベンジの思いは強い。ただし、決勝戦では絶対的なエースである呉屋を累積警告で欠くという苦しい状況にもある。それでも、成山監督はこう強く言い放った。

「ここまでチームを導いてくれた呉屋に報いる方法も、勝って優勝するしかないので。勝つと決めて、みんなで笑いたい」

 

 明治大学 

POS

背番号

名前

学年

採点

寸評

交代

GK

1

服部 一輝 (札幌大谷) 3

4