大学スポーツ総合サイトCSpark大学スポーツ総合サイトCSPark

サッカー
野球
陸上
バスケ
ラグビー
ラクロス
アメフト
バレー

コラム一覧へ

CS-column

«« No.670 【Match Report 全日本大学サッカー選手...一覧へ

 更新

CS-Column no.671
【Match Report 全日本大学サッカー選手権 決勝 阪南大学vs関西学院大学】

カテゴリ:関西学院大学サッカー部



 チームの絶対的エースを欠いたことによる苦戦が予期された関西学院大学が、なんと4得点の大差で同じ関西のライバルである阪南大学を下し、初の栄冠を手にした。

「呉屋を、決勝戦でやらせてあげられなかったのがショックだった」成山一郎監督はこう語っていたが、この思いがチームを1つにまとめ上げ、優勝の原動力となったことは間違いない。

「ここまでこれたのも呉屋のおかげというのはあるので、呉屋のためにもがんばりたいと思う。少し不安ですけど、呉屋がいないから負けたと言われるのは嫌ですし、プライドもあるので」文字通りの死闘となった準決勝・明治大学戦を終えた後に小林成豪(4年・神戸U-18)もこう言っていた。

 加えてインカレの決勝戦という舞台は、昨年度に苦杯をなめた場所。当時の対戦相手であった流通経済大を準決勝で下しているとはいえ、「(決勝で)勝たないとリベンジもないですし、悔しさをぶつける方法もない」(成山監督)。そういった背景を含め、関西学院大学のモチベーションは最高潮に達していた。そしてその気持は序盤から発揮される。

立ち上がりこそ連続性のあるパスワークと外山凌(3年・前橋育英)の突破を中心とした阪南大の攻撃を受ける展開になるも、慌てずに対応し、ビッグチャンスは与えない。そしてこの日、呉屋の代役として1トップに入った出岡大輝(3年・G大阪Y)とトップ下に入った福冨孝也(4年・宝塚北)が積極的にパスの出処である阪南大の松下佳貴(4年・松山工業)をケアしつつ、精力的に走って攻守に顔を出した。「 相手にけっこうセカンドボールを拾われて落ち着かせられて、という場面が多くて、それで主導権を握られる場面が多かった」と松下も振り返る。そして14分、井筒からの縦パスを起点に複数人が少ないタッチでゴール前に運び、福冨のラストパスに反応した出岡が左足でネットを揺らし、関西学院が先制。


「先制点が取れたことで阪南の選手がバタバタしているのはわかったし、このまま勢いでいけるかなと思った」(福冨)とチーム内で確かな感触を掴んだ関西学院はこの後もひたすらゲームの主導権を握り、28分にはCKのこぼれ球を再び出岡が決めると、37分にはCKからファーで米原祐 (3年・作陽)が頭で合わせ3点目。さらに41分には1点目と似た形の小気味良いパスワークから、最後は福冨のスルーパスをゴール前正面で受けた出岡が冷静にGKとの1対1を沈め、前半でハットトリックを達成。これで試合は決した。

 後半は余裕を持ってゲームを進める関西学院に対して阪南大は攻めこむも、 「シュートまで持ち込んでいく形が押している割には少ない」(阪南大・須佐監督)ことが響き、かつ62分に前田央樹(3年・福岡U-18)が、67分に岡部 拓実(2年・正智深谷)がそれぞれ迎えた決定機も枠にすら飛ばず。結局阪南大は1点を返すことができず、前半に決まった4つのゴールで関西学院大が初のインカレ制覇を成し遂げた。

リーグ、関西選手権、総理大臣杯、そしてこの全日本大学サッカー選手権の全てで頂点に立ち、四冠の偉業を達成した関西学院大だが、もちろんこれが終わりではない。

「今年にやってきたことをしっかりと来年も引き継いでやれば絶対に結果は付いてくるし、絶対にそれを成し遂げたい」森俊介(3年・東山)はすぐに次なる目標へ目線を向けた。この日が、強豪・関西学院大学のスタートである。

 

 阪南大学 

POS

背番号

名前

学年

採点

寸評

交代

GK

1

大西 将 (阪南大高) 4 5.5 4失点を喫したものの、要所要所で好セーブを連発していた

 

DF

3

康 翔貴 (大阪朝鮮) 3

5

前に出ればチャンスだったが、その回数は少なかった

 

DF